コレクション: 石川県川北産コシヒカリ

加賀百万石で知られる石川県。川北町は県内最大の穀倉地帯である加賀平野のちょうど真ん中に位置しています。

日本有数の水質を誇る手取川に沿って形成されるこの町は、霊峰白山の清冽な伏流水、水持ちの良い粘土質の土壌、高温多湿で昼夜の寒暖差が激しい気候と、美味しい米づくりには欠かせない条件が揃った、最高品質のお米が収穫できる産地として知られています。

コシヒカリ、能登ひかり、ゆめみずほ、そして石川県のオリジナル品種「ひゃくまん穀」も栽培されるこの町のお米は、粒の旨味・甘みがとても強く、噛むほどに口いっぱいに広がる味わいが特徴です。

第一弾として、日本が世界に誇る伝統と技術の結晶「コシヒカリ」をご用意いたしました。

肥沃な土壌と豊かな水資源に恵まれた、石川県川北町産のお米をぜひ一度お試しください。

※お買い上げいただいた方には、令和5年産の新米(コシヒカリ、ゆめみずほ、ひゃくまん穀を予定)を優先的にご案内差し上げます。